北区 パチンコ 店

北区 パチンコ 店

Bloggerの推奨事項:

  • 連帯戦
  • 猪木 スロット
  • ソープランド「バカラ
  • 無詠唱魔術の復元
  • 金沢 スロット
  • 正直に言ったなら、今の私が思い出せない、仲が良かったという″ガブリエル″という存在が気になったけれども、これ以上は尋ねられない

    大切で素敵な思い出だけれども、その終結は旦那様には辛すぎるものだから

    あなたも好きかも:石橋 パチンコ
    私はとても″大きな戦い″の終結を見届ける事しか、関わる事が出来なかった

    共に堕ちた大切な君主殿は行方知れずとなり、旦那様本当に口惜しそうな顔も、あの時初めて見ても、私には言葉すらかけられない

    その後、与えられた役割をこなしながら旦那様は君主様を探し、私は、また人の縁に巻き込まれる事になる

    世界は荒れていて、その都度、私は人に戻る事が多くなり、″役目″を終え、数十年とまたずにまた人の世に、″殺される″為に赴く

    世界は、人の力ではどうしようも出来ない時、供物に命を差し出させるほど、それほど愚かで荒れている

    あなたも好きかも:リング パチンコ 潜伏 ランプ
    命が尊いという基準で、供物に出すとかいうけれど、それは差し出される命の持ち主の不幸でしかない

    あなたも好きかも:こうかくきどうたい パチンコ 甘
    尊いと不幸を重ね合わせて、それを犠牲にして、人の世の心を保とうという愚かしい時代

    私は、その犠牲を減らす為に造られた″人″

    思い返したなら、あの頃は"復讐の女神"として"処刑"される事が多かった

    命を断たれる人の私は、全身を覆い尽くす恐怖と、哀しみに包まれながらその命を終える

    何より人の私は、"誰も恨まない"ようにと懸命だった

    ここで"恨み言"を口にしたら、新たな負の連鎖が産まれるだけでしかないから

    人が世の中の凶事を、自分達の内で処理できなくなった時に、大きな不安を解消させるためだけに世間から、その命を捧げるように選ばれた

    世界が落ち着かない状態"が暫く続いて、旦那様が人に呆れしか抱かなくなった時

    ある旅人が現れ、旦那様に″取引″を持ちかけた