スーパーロボット大戦 パチンコ 潜伏

スーパーロボット大戦 パチンコ 潜伏

Bloggerの推奨事項:

  • the フラッシュ
  • 文官
  • 鉄拳 天井
  • 王牙刀
  • サラリーマン 番長
  • 「敵は転生者か…………」 ハッチを見つめていると、隣の席に座る別の分隊の分隊長がそう呟いたのが聞こえた

     これから彼らは、タクヤを殺すために集結してくる転生者たちを迎撃するために出撃するのである

    あなたも好きかも:パチンコ ミネッチ
     敵の数は900人

    しかも平均的なレベルは4000から5000と言われており、現在のタクヤのレベルに匹敵する

    その900人の中で強くなるために訓練をしている努力家が何人いるかは不明だが、かなり熾烈な戦闘になるのは想像に難くない

     隣で呟いた分隊長が、懐から白黒の写真を取り出す

    写っているのは耳の長いエルフの女性で、優しく抱いているのは幼い赤子だった

    あなたも好きかも:ピカデリーサーカス パチンコ
     彼の家族なのだろうか

    「安心しろ、別のシャール2Cと増援部隊も向かってる

    それに、俺たちにはAK-15(カラシニコフ)があるじゃないか」「そ、そうだな…………」 仲間の兵士を励ましてから、彼は持っていたAK-15のグリップをぎゅっと握り、再び車体後部のハッチを睨みつけるのだった

     オイルと金属の臭いが遠くから流れ込んできたことを察知すると同時に、俺は寝袋の中から素早く飛び出し、近くに置いてあるAK-15へと手を伸ばした

    壁に立てかけてあるOSV-96を取って折り畳んだ状態で背中に背負い、強力な14.5mm弾が装填されたでっかいマガジンをポーチの中へと放り込む

     RPG-7と対戦車榴弾をいくつか手に取りつつ、塹壕の中に掘った穴の中から飛び出す