三重 スロット イベント

三重 スロット イベント

大介、見張りを頼む」 任された大介が「よっしゃ」と笑顔で頷くと、優樹たち四人はムッと目を据わらせた

あなたも好きかも:オンラインカジノ パチンコ
――見張りを付けられたんじゃ迂闊なことは出来ない

 立花は「じゃあオレは……」と残りのメンバーを見回した

「勝則、タッグ組むか?」 共に行動する上で一番無難だと判断したのだろう

まさか名を呼ばれるとは思っていなかった勝則は一瞬キョトンとしたが、それでも強い笑顔で「はい」と頷いた

「あとのメンバーは洋一と行動しろよ」 生美と華音と相川は素直に頷いたが、「……私はあなたと行動します」と、弥生に無表情に目を向けられ、立花は隣の彼女に顔をしかめた

「洋一たちと一緒にいろ

あなたも好きかも:フェアリーテール・レジェンド:ヘンゼル&グレーテル
勝則と二人だけの方が動き易いんだ」「……あなたたちだけだと、いざというとき、歯止めが効かなくなるでしょう?」「歯止め?」「お二人とも、頭に血が上りやすいですからね……」 冷静に突っ込まれて反論出来ず、立花は不愉快そうに目を据わらせ、勝則は「……はは」と引き攣った笑みを浮かべる

――優樹はそんな彼らに内心戸惑った

弥生に「立花の傍に」と言われた

彼女がそう言うのだからそれに従った方がいい

あなたも好きかも:シンフォギア スロット 勝てない
それはわかるのだが……

「じゃあ、立花クンと勝則クンと弥生ちゃんは突撃隊だねぇ」 決まったメンバー振り分けに、華音が肩の力を抜いてそれぞれを窺った