カジノ うんこちゃん

カジノ うんこちゃん

「……神殿の業務は大変なのか?」と

あなたも好きかも:カジノ プロジェクト バス
 ……え? 今頃何を言っているの、この人?「百名を超える組織をフェルディナンド様一人で動かしていると考えれば、その大変さがわかりませんか? 役割分担できる人材がいないのですよ?」「いや、だが、神殿は暇で仕方がなくて、やることがないから本を送れだの、魔術具を作るから道具を送れだの、言ってきていたんだぞ? やることができてよかった、と思っていたのではないのか?」 どうやら、養父様は神殿で神官長が暇をしていると思っていたらしい

もしかしたら、それは青色神官がたくさんいた頃の話ではないだろうか

今の神官長は一目でわかるくらい仕事が山積みで忙しい

 無茶ぶりをしたがる養父様と、できないとは言いたがらない神官長の間では、現状の報告が正確に伝わっていなかった

わたしが今まで養父様に報告していたことも、神官長の伝言や采配だと思っていたそうだ

あなたも好きかも:チャットなし オンラインゲーム
「養父様、印刷業に関してはわたくしが中心で進めております

今は本を読む自由時間さえないほど忙しいので、印刷業に関してはもう少し余裕をいただけると嬉しく存じます」「……わかった

其方の進度で進めよ」 ジルヴェスターは大きく息を吐いて、手を振った

「気付かなくて悪かった」と小さく呟く

あなたも好きかも:スロット ギャンブル
 ……ベンノさん、マルクさん、ルッツ、ちょっと余裕ができたよ! やったね! わたしがグッと心の中でガッツポーズした時、食堂の扉が音を立てて開き、不機嫌極まりない顔の神官長が入ってきた

 神官長の目が半眼になり、眉がきつく寄っている

食堂の空気が凍ったように冷たくなり、全員が自然と背筋を伸ばした

 真っ直ぐに養父様の元へと歩いていった神官長が口を開く

「ジルヴェスター、アレは駄目だ