梅田 スロット 優良 店

梅田 スロット 優良 店

 ――そんなことはさせない(・・・・・・・・・・)

 すぐさま私は旗の光を経由し、その若者に魔力を流し込む

あなたも好きかも:ブラットプラス スロット
 さらに体内の血を乗っ取り、彼自身の神聖魔法で自己治癒をさせる

 足りない気力と体力は私が『代わり』に支払う

 背中を潰されるかのような疲労感に私は襲われながら、叫ぶ

「まだです! まだ諦めてはいけません! 最後の一瞬まで戦いましょう! その背中には、あなたたちの家族が! 大切な人たちがいるのでしょう!? それを忘れてはいけません!! 決して、倒れてはいけません!!」 若者は限界を迎えた身体が活力で満ちていくのを感じて、体勢を持ち直す

 そして、後ろを振り返り、私を見て、薄らと涙を浮かべつつ、頷いた

「――は、はい!!」 『光の理を盗むもの』の加護を得た若者は、戦闘を再開させた

その一部始終を見ていた周囲の兵士たちは、また「奇跡だ」と呟き、その士気を高めていく

 そして、その高まる士気に呼応するかのように、兵士たちの魔法が全て、何倍にも強化されていく

「ま、魔法が……! 調子がいい……!? こんなに凄い魔法、初めて使った……!!」 一人の兵士が自らの過去最高の魔法を手の平から放ち、感動で震えた

「力が湧く……! 体が軽い……!!」 一人の兵士が自らの過去最高の動きに笑みを深め、感動で震えた

 当然だろう

あなたも好きかも:bomber powerful スロット
 いま私は全兵士の『代わり』となっている

 つまり、その魔力と体力は無限だ

さらに今朝、お父様と戦うために集めた『経験値』も、きっちりと『力(レベル)』に変換している

「いける! いけるぞ! このまま一気に城まで――くっ!!」 ただ、中には自らの力を測り間違えて、致命傷を負う者もいる

先ほどの若者と似て、また血気盛んそうな男だ