ドラゴン・パールズ

ドラゴン・パールズ

Bloggerの推奨事項:

  • ドラクエ10 ファッション
  • ネッテラー 口座 認証
  • コードギアス 天井 期待値
  • ゼノブレイド アデル
  • 龍が如く4攻略
  • 「其方がいたのだ

    罪を犯したくないから入らなかったというのが一番考えられる理由だが、情報提供した者が先代領主夫人を助け出すつもりなどなかったから、他の者は入れないと塔の情報として教えたということも考えられる」「そ、そうなのですか……」 貴族の考えることが複雑怪奇で、わたしには理解できない

    あなたも好きかも:カジノ 内装
    「旧ヴェローニカ派はヴィルフリートを派閥の旗頭にしたいのだろうと私は考えていた

    実際にそのような動きもあった

    それならば、可愛がってくれていた祖母の現状を吹き込んで、両親やローゼマインとの間にひびを入れることは心理戦としては有効な手段だ

    実際、半分ほどはうまくいっていた」 フロレンツィア派の中心人物であるわたしとヴィルフリートの間に溝を作ることで、実子と養女のどちらに付くか、どのように動くかを迫れば親子の溝も作れただろう

    「だが、このままでは旗頭どころか、廃嫡か処刑だ

    領主派と反領主派を作りたいのかもしれないが、廃嫡なり、処刑なりされれば、派閥などできるはずもない

    あなたも好きかも:ユノディエール スロット カー
    そう考えると、塔に入れるのは明らかにいきすぎで、旗頭というよりはヴィルフリートの排除が目的にも思える」「ちょっと待て

    それはおかしいだろう

    ヴィルフリートの排除だけが目的ならば、連れ出すことができているのだから、その場で消すのが一番ではないか」 養父様が眉を吊り上げて指摘し、自分の身に迫っていた危険を突きつけられたヴィルフリートが体を震わせた

    あなたも好きかも:スキップ パチンコ 本社
    目的が派閥作りからヴィルフリートの排除という危険度の大きいものになってぞっとしていると、神官長は養父様の意見に同意して頷く

    「そうだ

    確実を期するならば、あの時が最大の機会だった

    それを逃している」「つまり、ヴィルフリート兄様の排除が目的というわけでもないということですよね?」「むしろ、どうなっても良いように見える

    ……他には、ヴィルフリートの教育の遅さを知らなかった貴族が、ヴィルフリートの性格や行動を読み違えたということも考えられる

    だが、そのような不確実なことを計画に入れるのが、まず間違っている」 あれだけの人数を動員しているのだから、それほど不確実な計画を立てるはずがない、と神官長は言った