リラックマ スロット 規制

リラックマ スロット 規制

 もう少し、理屈が通らない方が良いな

 感情のコントロールが効きすぎだ

あなたも好きかも:クリーム・ザ・ラビット
 演技でしかない」男は、さっきまで大事に抱えていたモップをいきなり放り出した

モップはそのまま宙を漂いだす

「……狂ったふりさえもできないとは 一度、宇宙服なしで外に出てみるのも 案外、いい計画かもしれないな」男は月面を眺めながら、つまらなそうに言う

そしていきなりパッと振り返り俺を見て「君もそう思わないかい? 何度か、私を見に来てただろう?」俺は驚きすらせずに男を無感動に眺める

あなたも好きかも:ネット パチンコ
「確かに居ると思うんだけどなぁ……違うか……」男は再びまた前を向き、そして何度か不意に振り返る

「まあ、どっちでもいい

 居ると仮定して話を進めよう

 もし、君が現代の生き物ならば 意識をこの私しかいない施設内へ飛ばせるということだ

 そして君が、過去か未来から ここに来ているのならば、君には時間を 行き来する能力が備わっているということになる」俺はひたすら男を見つめる

「私は幽霊と言うのは、次元間で生じた バグのようなものだと思っている

 いや、居ると仮定したらという話だ

あなたも好きかも:パチスロ 買取り
 私はどちらかと言えば懐疑派だが、今に限れば 私の勘の通り、君がここに居てくれた方が寂しくないからな」男はゆっくりと両足から靴を脱いで、宙に浮かびだした

「重力がいかれているのも悪くはない

 君は重力など関係なく、上下の定義を 自分で決めて立っていると思うんだが 何故そう感じるかと言うと、視線を感じる位置が 一定だからだよ」男は気持ちよさそうに胸の前で両手を結んで「このまま寝てしまいそうだが その前に、もうひと喋りすることにする」そう言って浮かびながら、俺を見下ろし「もし、君が、過去か現代の人ならば 私を覚えていたら、いつか会いに来て欲しい