スロットマシン 状態遷移図

スロットマシン 状態遷移図

巨木から離れることのない蜂はいったいどこの、何の目的でこの場にいる蜂なのか

あなたも好きかも:ノーゲーム ノーライフ スロット 設置 店
「……蜂なら反応しないか?」「ご主人様?」「……<暴食>を使う」 それが何なのか、何を持っているのか、意識があるなら記憶、知識、これまでの経過情報を持っている

もしかしたら何かわかるかもしれない

ただ木の幹にいる蜂をどうにかしただけならば周りの木々や巨木が敵対的になるとは考えづらい

それは明確に外から見て蜂であるものであり、植物たちの仲間であるようには見えないからだ

もちろんそれはこちら側の観点から見ての話であり、彼女ら、巨木、植物の魔物たちからみればそうではないという可能性はある

しかしやるだけやってみなければ何も情報は得られない

ヴィローサの情報で蜂が植物であるということがわかり明らかにおかしいことが分かった以上情報源としては大きく、<暴食>を使わずとも調査を行うことだろう

少々迂闊というか、早急すぎるところもあるが……その選択自体は悪いものではないだろう

「さて…………っ!?」「キイ様!?」「ご主人様!?」「師匠!?」「……何かわかった?」「ちょっとユミカ!」「……ああ、ヴィラ、大丈夫

メルもフーマルも、心配する必要はない……ちょっと驚いただけだ」「何か悪影響があったりはしないのです?」「問題はないよ

っていうかあったならそもそもこちら側、俺側の問題になるだろうし」 <暴食>で取り込んだものはすべてが公也の物となる

肉体、精神、魂、意思、情報、生命力、魔力の器、いろいろと

あなたも好きかも:パチスロで生活してる人
そしてそれは公也自身を害するものではない

元がなんであれ、取り込んだ時点でそれは自己での行動が不可能なものとなる

単なる情報、知識、そういうものであると公也のうちで認識されているだけだ