ギアスr2 スロット

ギアスr2 スロット

そして、優樹の手を握って自分の部屋へと導くと、そこのドアを開け、明かりを点けて優樹を中に通してドアを閉めた

あなたも好きかも:北斗世紀末救世主伝説 パチンコ
「……やっぱり、ロウソクより電気の方がいい」 安心して肩の力を抜く彼の落ち着いた声色に優樹は少し笑い、座る場所をキョロキョロと探したが、反町に引っ張られて近場のベッドの片隅にボフッと腰掛けてしまった

 壁の向こうの部屋から微かに悲鳴が聞こえるだけで、それ以外に音はない

 優樹は隣に腰を下ろした反町の方は見ることなく、目をいろんな方へと向けた

 ――静かすぎて、なんだか落ち着かない

まだ酔いが完全に覚めきっていない状態だからか、心臓がドキドキして、ソワソワしてくる

あなたも好きかも:弥生ちゃん スロット やめどき
「……優樹」 ベッドに置いた手にそっと反町の手が重なり、優樹はそこを見下ろして反町へと目を移した

じっと見つめる視線から目を逸らせず、ピタッと動きが止まったが、間を置いて、ゆっくりと視線を落として俯いた

その悲しげな様子で何かを察したのか、反町は深く息を吐いた

「……やっぱり、自己嫌悪してるわけ?」 呆れ気味に問うが、優樹は何も答えない

 反町はため息を吐き、優樹の手を握った

「……優樹は双葉よりも」「ごめんね……」 言葉を遮って謝ると、反町は「ったく」と、またため息を吐いた

「だから、自分の欠点ばかりを」「ううん……、そうじゃないの……」 優樹は俯いたまま首を振って、悲しげに膝をじっと見つめた

「……ごめんね

……私……駄目だね」「またそうやって」「だって……そうだから……」 呆れられて軽く口を尖らせる優樹の横顔に、反町は顔をしかめた

「なにが?」「だって……すごく勘違いして、勝手に怒って、勝手に……落ち込んで

……ごめんなさい

ヤダよね……こんなのばっかり……ヤダね……」 言葉にしていると段々と泣きたくなってくる