パチスロ 蒼き鋼のアルペジオ

パチスロ 蒼き鋼のアルペジオ

水の香りには雨粒に揺らされた花々の芳香や、新芽を濡らした香草の爽やかな香りが混ざり、胸いっぱいにその香りを吸い込めば、雨の精の仲間入りが出来そうな気分だ

「そう言えば、紫陽花には結晶石があるんだよ」「紫陽花に結晶石が出来るのですか?」「花の上に生まれるものだ

君の好きそうな色合いの宝石だから、探してみるといい」「そんな素敵なものがあるとは知りませんでした

紫陽花色は大好きなので、是非に欲しいです!」何回かに一度、雨の色が灰色よりもより青い光に包まれる不思議な雨の日がある

そんな日に紫陽花を見に行けば、花の上に乗った雨の滴が紫陽花の結晶石になるのだそうだ

紫陽花見物がてら、そんな素敵なものを拾ってお土産に出来たら最高ではないか

あなたも好きかも:スロット 引けない
「狐さん、紫陽花の結晶石を見かけたら教えて下さいね」そうお願いすれば、銀狐は尻尾を振り回した

死者の国でしばらく会えずにいたので、久し振りに一緒にお出かけ出来るのは楽しい

あなたも好きかも:アニメ パチンコ台
ネアが死者の国にいた間にディノが大量の薬を作り置きしておいてくれたので、こうして週末にはいつものようにお休みを取れているのも有難いことだった

あなたも好きかも:大工の源さん 新台 スロット
最初は雨なので足元が心配だったが、銀狐は過保護なエーダリアに雨避けの魔術をかけて貰い、ふわりとした毛並みを濡らさずにお散歩が出来るのだそうだ

ネア達が地下にいる間に換毛期が終わっており、ふわふわの冬毛がなくなって少しスリムになったようだ

今は、雨避けの魔術を悪用して、水溜りに飛び込む遊びに夢中になっている

一度、水溜りの妖精を踏んでしまい、双方驚いたのか大騒ぎをしていた

「狐さん、踏んでしまったのですから謝らなければなりませんよ」そう窘められても、銀狐はぷいっと顔を背けている

まったくもうと肩を竦めたネアの視線の先では、水溜りの妖精が荒ぶっていた

平べったい緑色の毛皮の生き物は、じゃぶじゃぶと水溜りをかき混ぜて、頭を踏みつけた不届きものを威嚇しているようだ

平打ちパスタに毛皮をかぶせたようなこの謎の生き物が、水溜りの妖精なのだとか