tod2 おすすめ スロット

tod2 おすすめ スロット

それは、三人が三人、戦いに次ぐ戦いで消耗していたからにほかならない

「無茶しすぎよ」「いま無茶しないでいつ無茶をするのよ」「まったく、そういうところは、セツナの影響を受けすぎだわ」「そうかな?」 ミリュウの照れた顔は愛らしい少女のそれなのだが、ファリアは半眼になって、言葉を強めた

「嬉しそうにいうんじゃないわ

こんな怪我で戦うなんて、馬鹿よ」 ミリュウは、頭に包帯を巻きつけていた

ゼノキス要塞に至るまでの戦いで負った傷なのだろうが、激しい戦いが傷口を開いたらしく、包帯が紅く染まっていた

あなたも好きかも:シティハンター パチンコ 設置店
 ファリアがミリュウの後頭部の怪我を知ったのは、戦闘のまっただ中のことだ

あなたも好きかも:パチスロ ガルフレ
兜が破壊されたことで明らかになったのだ

彼女は、隠し通すつもりでいたらしい

「だって……後方で待っているなんて、出来るわけないじゃない」「そうそう

あなたも好きかも:笑点 パチンコ やめ時
もう、待っているのは嫌ですからね」 そういったのはルウファだ

彼は、左腕を負傷し、動かすこともできない状態だったのだ

もちろん、彼の召喚武装シルフィードフェザーさえあればどうとでもなるのだろうが、それにしても無理をしているのは間違いない

「エミルが泣くわよ」「エミルはわかってくれますよ

あのときも、俺の側にいてくれたんですから」 ルウファが言及したのは、ザルワーン戦争のことだろう

彼は、ザイン=ヴリディアとの戦闘による負傷が原因で後送され、最終決戦には参加できなかったのだ

そのことを後悔し続けているのが、なんとも彼らしい