向ヶ丘 遊園 パチンコ

向ヶ丘 遊園 パチンコ

「そうだろう? 今回の場合は、魔力の補充できる魔道具を、しかも最高ランクの物を複数所持していたイーザクがおかしいと考えるべきだろう」 そもそもコウヒが以前戦ったハルトヴィンが使っていた魔道具も過去の遺物として、かなりの貴重品だったはずである

あなたも好きかも:トキオ パチンコ 歴代
 今回のイーザクが使っていた魔道具も、それに匹敵するほどの価値があるはずだ

 一つ一つがそうなのに、それを三つも同時に使っていた時点でおかしいと考える方が自然なのだ

あなたも好きかも:しんのすけ パチスロ 動画 youtube
 その上で、と前置きをしたうえでフローリアが続けた

「コウヒによれば、イーザク自身は大した強さではなかったということだ

だとすれば、彼自身でそれだけの道具を三つも手に入れたと考える方が不自然だろう?」 そこまで言われれば、考助も他の者たちもフローリアが何を言いたいのか、すぐに察することが出来た

あなたも好きかも:エゥァンゲリオン パチンコ 13
 というよりも、既にその情報はミツキがコウヒの戦いの前日に手に入れている

「あのバカ貴族か・・・・・・・」 思わずといった感じでシュレインが呟いた言葉が、その場の全員の気持ちを表していた

 周囲を見て苦笑したフローリアだったが、小さく首を傾げて続けた

「ただ、それにしても、少しおかしい気がするのだが・・・・・・」「というと?」 考助が疑問を口にすると、フローリアが推論だと前置きをしてからさらに話した

「コウヒの話を聞く限りでは、一つ一つの魔道具が国宝に近いような物だと思える

馬鹿貴族がどの程度の爵位かはわからんが、そんなものを他人に三つも貸せるほどの地位とは思えなくてな」「確かに、話を聞く限りでは、かなりの業物になりそうじゃからの」 フローリアの推測に、シュレインも同意するように頷いている

 考助からすれば、似たような物が作れるだけに、そこまでの価値があるとは思えないのだが、こと魔道具に関しては自分の感覚がずれているという意識は持っている

 ついでとばかりにシルヴィアに視線を向けると、同じように頷いていたので、ここは素直に(?)黙っておいた

 その代わりに、別の疑問を口にした

「その魔道具がイーザク自身の持ち物じゃないとして、そんな高価なものを普通貸し出したりするかな?」 考助としては持ち逃げなどを予想しての言葉だったが、これにはフローリアが首を左右に振った