スロット 神局

スロット 神局

 セツナは、壁の上で歯噛みすると、本日何度目かもわからない送還と召喚を行い、閃光の中に浮かび上がったつぎの足場へと飛び移った

あなたも好きかも:ぱちんこ 楽しみ方
 それを何度も繰り返し、再び黒き丘の裾野へと辿り着く

そこから頂上まではあっという間だ

なんの邪魔も入らない

あなたも好きかも:パチンコ クィーンズブレイド セグ
頂上に到達すれば、あとは石棺をどうするか、だが、彼は、黒い石棺の前で考え込んだ

 なにをどうすれば、この試練を突破できるのか

 石棺の蓋を開け、覗き込めば、待っているのはあの悪夢だろう

(同じとは限らないが……) かといって、違うとも言い切れない

 またあの悪夢を見なければならないというのは、あまりにも辛すぎて、手を伸ばすことさえ億劫になる

あなたも好きかも:カジノ 高額当選
大切なひとたちを目の前で殺されていく夢

ただの夢だ

しかし、極めて現実感を帯びたそれは、実際の記憶の如くセツナの脳に刻まれている

 だから、手が棺に伸びない

 時間ばかりが過ぎていく

 黒い石棺の前でただひたすらに考え込むだけの無為な時間の中で、セツナは頭を振り、ついに覚悟を決めた