スロット 獣王 王者の帰還

スロット 獣王 王者の帰還

そもそも……あれらは特にご主人様寄りの立場でもないのです」 ウィルハルトはアリルフィーラ付きの存在、公也に対してはどちらかというと主との関わりで敵意の方が強いかもしれない

アディリシアは公也に対して魔石に関わる話で繋がりがあるが感情的には心底どうでもいいと思っているタイプ、彼女の興味は特に人に対してよりは魔法道具に対して向かっている

そういうこともありそちらは別にそこまでメルシーネの気になる相手ではない

まあメルシーネ以外がどう思うかは現状不明である

「特に問題はなさそうか?」「わたしに言われても困るのです

彼らの行動次第でもあるのですし」「……そうだな

まあクシェントラ以外はそこまで不安でもないし」 やはり自分でやっておきながら一番の不安はクシェントラに対してである

あなたも好きかも:スロット フリーズ 恩恵 ランキング
あとは性格的にそこまで問題にはならない……多少扱いに困るところはあるだろうが

「……終わった」「お疲れ様なのです」「馬車も馬もきちんと返せたが、お詫びと言ってきて渡そうとしてくるのを断るのにどれほど苦労したことか……」「それだけご主人様がどこか行ってしまったことが向こうにとっては問題だったのですよ

そもそもご主人様が向こうにいたのは彼らのお礼としての側面が大きいのです

それなのにどこか飛ばされるような事態に巻き込まれたのです……その前の大きな騒動に関してもそうなのですよ

自分たちがご主人様を招いたからそうなった、そう考えるがゆえに彼らも謝罪の意思を強く見せるのです

あなたも好きかも:源さん スロット
それだけ巻き込まれた事態の内容の大きさもあるですし、ご主人様が戻ってこなかった期間の長さも問題になってくるですよ」「……まあ、確かに立場的には仕方がないのか」 公也は国の王である

そしてその国の王が他国で問題に巻き込まれた、それも国を巻き込むような大騒動に

当然その問題に巻き込まれた事実は大きく、もともと楽しい想いをしてもらおうとお礼の一環として誘われて訪れたのだからその問題に巻き込まれた事実はより大きな物となる

碌な目に合わなかったと敵対されてしまうようなことになれば大きな痛手……どころではなく、公也、アンデールという危険な相手を敵に回したうえにお礼で面倒な事態にまきこんだ、危険を押し付けたとみられ信用の低下も起こるかもしれない

ただでさえ現時点で複雑な状況で余計な事態を招きたくはない