スロット ギャンブル

スロット ギャンブル

治療の速度は遅くなってしまうかもしれないが、回復を阻害している劣化ウラン弾さえ摘出する事ができれば、傷を塞ぐことはできるかもしれない

 息を呑みながら、右手を真っ白な外殻で覆う

指先から伸びるピンク色の鋭い爪を見つめて息を呑んでから、その爪を彼女の傷口に近付けた

「………お願い……ナガト、私以外にも……やさしく…してあげて………」「ローラ………………」「お願い………」 お前以外に優しくする………? ローラ、そんなの無理だよ………

 多分、お前以外の存在を愛することなんて絶対にできない

 地下の研究所の地下室に監禁されていたお前と話をするようになってから、ずっと感じ続けていた孤独がどんどん消えていった

お前のおかげで、前世の世界からずっと感じ続けていた忌々しい孤独を感じなくなっていったんだ

「………おにーちゃん」「何だ」 近くで俺たちを見下ろしていた紛い物(タクヤ)が、手にしていた2つの剣を解除し、少女の姿に戻ってから聞き返した

「………銃で撃たれるのって、とっても痛いんだね」「………………ああ」 右手をコートの内ポケットへと突っ込みながら、微笑むタクヤ

あなたも好きかも:ビッグシューター パチンコ 販売
”彼女”はきっとローラが彼に何を言うのか察しているからこそ、内ポケットの中にある代物の準備をしているのだろう

 俺ではなくタクヤに頼んだという事は――――――ローラは覚悟を決めたという事を意味する

 彼女は俺の事を”優しい人”と言っていた

あなたも好きかも:ダーツ パチンコ
災禍の紅月が始まってからは何人も人を殺したし、あの禍々しい真紅の満月が夜空に居座る前も、”前準備”のために何人も人を殺している

明らかに地獄に間違いなく落ちる男だというのに、ローラは俺が優しい奴だと思い込んでいる

 けれどもローラは、タクヤに頼んだ

 父親の代から俺以上に人を殺し続けてきた、”殺戮”を経験している少女に

「とっても痛いよ、撃たれるのは」 そう言いながら――――――タクヤは内ポケットから、PL-15Kを引き抜いた

 安全装置(セーフティ)を解除し、グリップを握り締めるタクヤ