仮面ライダー ブラック スロット 終了画面

仮面ライダー ブラック スロット 終了画面

悪いことではない

「ねえ、セツナ」「ん?」 不意にファリアに呼びかけられて、そちらを見やると、彼女はなにかを発見したようだった

「ちょっと気になるんだけど」「なんだ?」「あれ」 ファリアが指し示したのは、浴場の出入り口に掲げられた垂れ幕のようだった

あなたも好きかも:パチンコ 統計
大陸共通語で大々的に書き記された単語を読み上げる

「えーと……混浴?」「そう、混浴」「え、なになに、混浴? 混浴!?」 どたどたと駆け寄ってくるなりセツナの首に腕を絡みつけたミリュウが、垂れ幕を見やって大騒ぎに騒ぐと、レムやシーラにまで飛び火した

あなたも好きかも:年始 パチンコ 釘
「あらあら、混浴でございますか」「はあ!? 混浴ぅっ!?」「混浴とはまた面白い趣向だねえ」 シーラが素っ頓狂な声を上げる傍らで、マリアが不敵な笑みを浮かべた

彼女がなにを想像したのかは、まったくわからない

「どういうことかしら」「どういうことって……なんだよ」 ふと、ファリアの言い方が気になって、彼女を見た

すると、ファリアはいかにも冷めきった目でこちらを見ていたのだ

あなたも好きかも:ベラジョンカジノ 大負け
まるですべての元凶がセツナであるかのようなまなざしには、深い失望が込められていた

「なんでそんな目で俺を見るんだよ!」 セツナは、ミリュウを振り解きながら後退りした

そして叫ぶのだ

「俺は無実だぞ!」「またまた、御主人様ってばむっつりなんですから」 レムは、セツナの気持ちなどお構いなしに煽ってくる

「てめえレムいい加減なこといってんじゃねえぞ!」「まあまあ、いいじゃない

あたし、セツナがむっつりでも気にしないよ」「だから!」「むっつり……? むっつりとはなんです?」「むっつりっていうのはだね」「そこ! いちいち説明しなくていい!」 セツナは、愛娘に向かって解説しようとするミドガルドに対して大声を上げて、通りすがった温泉宿の従業員たちの視線が自分に集中するのを認めて、凍りついた

まるで温泉を前にして子供みたいにはしゃいでいるようで、恥ずかしくなったのだ