スロット 兼業

スロット 兼業

お楽しみのデートですよーっ」と嬉しそうに、いつものアクロバティックデートプランへと俺を拉致する

そんなことが何と、本当に二百五十日続いた

美射が配置したのかは分からないが、五十日ごとにボスクラスの巨大な幽鬼が出てきて、俺と一対一で戦った

最初の五十日目は、マグンチャの長老と美射が呼んだ黄色に発光する人型の影のような幽鬼との戦いだった

何度彗星剣をクリーンヒットさせても、その実体の無い幽鬼は斬れず、攻撃を避け続けながら五時間ほど、やつの放つ火の玉の連打を避け続けて、耐えた末に、俺は意識を超集中して、実体の無いものを斬る術を掴み、一刀でそいつを両断した

あなたも好きかも:スロット 獣王 王者の咆哮 天井
「ガーヴィーがここに居たら、喜んでると思うわよ

 但馬のローレシアン剣術が一歩進んだじゃない」とは美射の言である

百日目は、マグンチャの長老が虹色の七色に分かれたようなのが七体出てきて、新しい技を掴んでからの四十九日、それを磨くことに専念した俺は彗星剣を七回振ることで、その七体を軽く両断した

あなたも好きかも:弱虫ペダル スロット 下パネル
そして気付く

早く倒しすぎたことを……

あなたも好きかも:8の付く日 スロット
その日は、残りのほぼ丸一日、美射とデートに付き合わされた……

百五十日目は、半分腐って骨が見えている黒いドラゴンのようなものが出てきた

何度斬っても再生するそいつを、俺はその会得した目に見えないものを斬る技……"幽鬼斬"と名付けた……で、一度斬ってみて、確かな手ごたえを得たので二時間くらい戦い続け、奴の中心部、核がある部分を見極めて一閃した

すると音も無く、そのゾンビドラゴンは崩れた

「そうそう