自遊空間 スロット

自遊空間 スロット

少し注意した方がよさそうだな」 居残りを続けている生徒たちとすれ違い、校舎に向かいながら小声で告げる反町に、優樹は足を緩めることなく見上げて首を傾げた

「もう大丈夫なんでしょ?」「いや……

そうとは思えない」 先程のことを思い出しながら軽く首を振り、職員室へ続く廊下の先を睨む

あなたも好きかも:新鬼武者 スロット 宵越し
「ただ陰湿なだけならいいけど……何か違う気がする

“あいつ”らと似た感じもする

……でも、何か違うような」 自分でも考えがまとまっていないのだろう

自問自答でもするような曖昧な言葉に、歩き保って見上げていた優樹は間を置いて笑い掛けた

「でも……相手がどんな人だろうと、これで終わりなら、もうそれでいいと思うよ?」 「ね?」と穏やかに相槌を問われ、反町も苦笑いで頷いた

あなたも好きかも:feels パチンコ
 これで終わりなら、それに越したことはない

今回のことでわかったが、出来れば関わりたくはない相手だから――

 職員室に着くと、優樹は早速、デスクワークをしている原田に足早に近寄った

「先生先生」 傍に立ち止まる前から挨拶もなく声を掛けられ、原田は目を通してたファイルをため息混じりに閉じて優樹を見上げ、遅れてやって来た反町にも目を向けると怪訝に眉を寄せて呆れた面持ちで目を細めた

あなたも好きかも:チェインクロニクル エピソード スロット
「おまえたちな……

今、二人で行動するのはやめなさい」 注意されて、二人はその時初めて気が付いた

――数名から不可解な視線を向けられていることに