ソープランド「バカラ」

ソープランド「バカラ」

Bloggerの推奨事項:

  • 猛毒袋
  • dmm 艦これ
  • ラグマス したらば
  • ノア 画像
  • 龍が如く極2 攻略
  • 流石にこれ以上寝ないのは、危険だと判断された可能性が高い……

     身体を起こそうとしたのだけれど、妙に重く感じ、目眩にも襲われた

    あなたも好きかも:パチンコ アムディ野田
     ……これは明らかに盛られたな……

     まぁ、仕方がないとは思う

    自力で眠れないのだから

     だけど、一応眠ったおかげで、頭は少しスッキリしていた

    ものを考える余裕がある

    あなたも好きかも:パチンコ 遠隔 操作 は ある のか
     ふらりと起き上がって、羽織を纏い、部屋を出た

     まだ完成したばかりのこの館は、木の香りを強く、感じる……

     漆喰で塗られた壁は真っ白で、夜でもどこか、存在感を誇示していて、合間合間に挟まれた木材の柱や梁が、浮き立ってみえた

     空気が刺さりそうなほどに冷たい……夜着と羽織だけでは薄すぎたかなと思いつつ、戻る気は無かったので、足を進めた

     そのまま壁伝いに廊下を進んで、玄関広間に向かうと、だんだんと何か、慌ただしい話し声が聞こえてきだす

     何か、進展があったのか⁉︎ 慌てて急ぎ、階段を下った

    執務室に飛び込むと、帰還を願っていた一人の顔が、そこにはあって……!「ジェイド!」「サヤはまだだ」 喜びのあまり駆け寄った俺に、ピシャリとジェイドは言い捨てた

     まだ……? 戻ってきてはいない……ジェイドが戻ったのに?「今、呼びに行こうと思ってたところなんですよ

     レイ様、気を確かに持って、聞いてくださいね

    ジェスルが趣旨替えをしたそうです」 マルが、いつになく真剣な表情で、俺に駆け寄ってきた

     その場にはハインとシザーもおり、同じく神妙な表情で、俺を見ている

    「領主様の奪還を諦めて、始末する方向に転じたみたいでね