番長 カジノ

番長 カジノ

Bloggerの推奨事項:

  • バカラ 土浦
  • 裏 カジノ 摘発
  • 緋弾のアリアスロット
  • オンライン ゲーム まったり
  • スロット 南国 物語 ゾーン
  •  もし当該エピソードが作風に似合っていないのなら無視してもよい

    ですが、ここまで読んでくれた読み手なら、まったく的外れな要求はまずしてきません

    たいていが「主人公とこの人物とのエピソードが読みたい」「脇役同士が主人公について語り合っているエピソードが読みたい」というような希望が寄せられます

    あなたも好きかも:三ツ境 パチンコ
     ならばふたりの絡む出来事(エピソード)を作ってあげてもよいではありませんか

     場合によっては「好敵手とヒロインの関係が読みたい」というような、ちょっと無理筋な要求も寄せられます

    『アーサー王伝説』の湖の騎士ランスロットと王妃グィネヴィアとの不義の恋愛などが代表的ですが、これなどは物語の本筋を大きく逸脱しかねません

     しかしこの関係があることで結末が大きく変わり、一段格の高い作品に化ける可能性もあるのです

    すべてのエピソードに伏線を すべてのエピソードには本筋に絡む「伏線」を埋設しておくと、当初は読み手サービスのためのエピソードだったとしても、物語においてなくてはならないものになります

    「伏線」はすべてのエピソードに埋設しておくべきです

    「伏線」のないエピソードは本筋から浮いてしまいます

    結果として「このエピソードは要らなかったのではないか」と読み手に思われるのです

     それではただ損をするだけなので、すべてのエピソードに「伏線」を埋設しておきましょう

    あなたも好きかも:パチンコ 信長の野望 創造 甘 信頼度
     些細な「伏線」でも、張ることによって物語の満足度が大きく変わってきます

     すべてのエピソードに本筋を左右する「伏線」を仕込むことが、書き手の腕の見せどころです

    プロはあらすじを必ず書く 私が言う「あらすじ」は出版業界では「プロット」と呼ばれています

    単純に「あらすじ」の英訳が「プロット」だからです