スロット イン枚数

スロット イン枚数

 手のひらに乗るくらいに小さな体をした鳥から、両翼を広げずとも人体より遙かに大きな猛禽まで、数多の鳥たちがルウファを敵視しているのだ

あなたも好きかも:スロット 設定変更 時間
豊饒の大地に根を張る無数の木々が、その生命力を見せつけるが如く伸ばしに伸ばした数え切れない枝葉が絡まり合うことで作られる天蓋がなければ、あるいは、ルウファの身の丈を覆い隠すほどに成長した草花が地面をも色鮮やかに染め上げるほどに存在していなければ、いまごろ、自分の身は面白くないことになっていたのではないだろうか

 そんなありえたかもしれない未来を想像して肩を竦め、どうして鳥たちが一斉に襲いかかってきたのかを考える

 猛禽の鋭い唸りに無数の羽撃きが応じる様子を、腰の高さほどの立木の中に身を隠して窺っていると、その獰猛さと殺意の高さに辟易しなければならないほどだった

鳥たちは、明らかにルウファを敵視している

それも、撃退するというよりは、撃滅するべく動いているように見えた

あなたも好きかも:店の傾向 スロット
おそらくは、鳥たちの王、あるいは指揮官級であろう巨鳥――怪鳥といっていいくらいだ――が指示を出しているのだろうが、その指示によって飛び回る鳥の数たるや凄まじいものだった

そして、それら鳥たちの怪鳥への忠誠心には疑いようがない

 時折、枝葉の天蓋の隙間を縫おうとして枝葉に引っかかる小鳥さえいるくらいだ

あなたも好きかも:12月 撤去 スロット
彼らがルウファに危害を加えるべく、全身全霊を上げていることは明らかであり、その災難から逃れるためには、一刻も早くこの森から立ち去るほかない

 この地上の楽園と呼ぶに相応しい極彩色の森は、鳥たちの楽園だったのだ

 おそらく、だが、それ以外には考えられない

 これまで、彼らの楽園を侵すものは何人足りとおらず、故に彼らは平穏と安寧を謳歌していたに違いない

そこには絶対的な秩序があり、幸福があったのだろう