朝一 スロット 打つ なら

朝一 スロット 打つ なら

スノーは【Lv23→Lv48】でフレアが【Lv22→Lv46】となっている

レベルが低かった分、サイレン達は獲得“EXP(経験値)”が多いらしい

 そして他のギルドメンバー達も当然レベルが上がり、今回のボスモンスター討伐に参加した者達の平均レベルは俺達を除外して十六人でLv45

日本支部のギルドはこの世界でもかなり強い組織となっている事だろう

「ハッハ! かなり強くなったな! 一気にこれだけレベルが上がると、どのステータスに割り振るか悩む! 嬉しい悩みだ!」「私は当然物理攻撃と素早さ! 全振りしちゃおうかな!」「流石にバランスが悪いよ

スノーちゃん

特化型も強いけど、この世界じゃ体力や防御力が無くちゃ“GAME OVER”になった瞬間にそのまま死んじゃうもん

あなたも好きかも:スロット ハロウィン
バランスは大事だよ」「大丈夫! 当たらなければ無傷! わあっ! 私って天才!?」『ヒュッシャー!』「そう上手くいかないと思うけど……」『バウワン……』「私は魔力か魔法攻撃かしら?」「俺様は断然物理攻撃だ!」「すぐ疲れちゃうから持久力にしようかな~」「やっぱり必殺スキルのロマンで“SP”だな!」「この世界の危険度を考えたら物理防御か魔法防御かなぁ……」「無尽蔵の体力があれば何の防御も要らないぜ!」「どんな大技も当たらなければ意味がないからな

あなたも好きかも:スロット sinとは
ここは精度を多めに割り振るか」「素早さで目にも止まらず逃げるぜ!」「逃げるのかよ! ……俺は運が悪いし、よく分からないステータスだけど運に振ろうかな」 一気にレベルが上昇した事で多くの経験値が得られた

それもあり、サイレン、スノー、フレア達と他のギルドメンバーは自分がどのステータスに割り振るか悩んでおり、和気藹々としていた

 確かにこんなにレベルが上がって、ステータスの割り振りの邪魔をするモンスターも出て来ないし悩んじゃうな

「ま、取り敢えず一旦ギルドに帰るか

何人かは残っているにしても暫く空けていたから心配だ」「モンスターや暴動には専用アビリティで対象出来るけど、確かに不安はあるな

あなたも好きかも:スロット 初心者台
時間で言えば半日くらいは空けていたし、俺を含めた他のギルドメンバーはともかく、ギルドマスターのサイレンが離れているのは問題か」 現在、ギルドから離れて半日は経過している

ボス討伐の為に編成された俺達以外にも待機組として何人かギルドに残っているが、戦闘方面ではなくクエストの受付など公共機関のような役割として色々と大変そうなので早いところ戻る事にした

 即決でステータスに割り振った者と一旦保留にした者も全員がその場で別のステータス画面を開く

同時に最終的な確認を終えて“転移《ワープ》”を使い、ギルドに戻るのだった

***** ──“ギルド”

「お帰りなさいませ