ブギーマン パチンコ マン

ブギーマン パチンコ マン

Bloggerの推奨事項:

  • オーバーロード スマホ
  • 剣スロ
  • 一撃ショップ
  • パチンコ ゴッド
  • 仮面 ライダー ブラック ed
  • ケイタイも繋がりにくいし」「うっわー

    オレ一生ここに住むの無理」 真顔で首を振って拒絶する白川を優樹は肘で責める

    あなたも好きかも:パチンコ 換金 率 が いい 店
    ここで暮らしている人を目の前にしてそれは失礼だ

     白川も気が付いたのか、「ヤバッ!」とすぐに口を閉じてそっぽ向く

    そんな気まずそうな彼に長谷川は苦笑した

    「ネットとか無くても生活出来るわよ

    むしろ、ない方が楽しいかもしれない」「うーん……

    でもそうなると楽しみ方がわかんねーもんなー」 素直に空を見上げて口を尖らせる、そんな白川に長谷川は少し噴き出し笑って「そうね」と情けない笑みを浮かべ、二人を交互に窺った

    「それで? 学祭を休んでまでここに来るなんて

    しかも、調べてきたって事でしょ?」 表向きは笑みだが、目は探るように細められている

     何か事情があるとわかっているのだろう

    あなたも好きかも:paiza カジノ
    彼女の視線に優樹と白川は顔を見合わせた

     ……遠いところから来たのに、ここではぐらかしても仕方がない

     意を決し、一息吐いた優樹が「あの……」と切り出すと、長谷川は思い出したように道を空けた

    「ごめんなさいね

    立ち話もなんだし……どうぞ」 そう笑顔で促してから背中を向けて自宅へ向かう

    長谷川の背中を、二人ものんびりと追った

    「あの……先生、長居はしないので」 優樹が遠慮気味に声を掛けるが、長谷川はポーチから続く庭へ入り、窓を開けている縁側へと二人を誘う