スロット 極

スロット 極

Bloggerの推奨事項:

  • 仮面ライダー ed
  • 江坂 スロット
  • 新台エバンゲリオン
  • シキガミ
  • シュタゲ aa
  •  マルス=バール一個人のために、ガンディアを敵に回すなどありえない判断だった

    確かに、マルス=バールは、ミオンの再建に尽力した人物であり、その手腕は、レオンガンドが喉から手が出るほど欲するほどのものだ

    他国人を滅多に褒めないナーレス=ラグナホルンでさえ、マルスのミオン再興には脱帽したほどだった

     そして、マルスは、イシウス・レイ=ミオンを国王の座に押し上げた人物でもある

    イシウスが彼を頼りにし、国政を彼ひとりに任せたのも、それが最大の要因だった

    イシウスは、マルスこそ、ミオンに必要不可欠な存在だと思っていたのかもしれない

    だから、殺すに殺せなかったのではないか

     しかし、その結果ミオンが滅びては、本末転倒以外のなにものでもない

    「なんであれ、マルス=バールの首を差し出せばよい

    あなたも好きかも:パチンコ ギャラクシー
    それだけで、わたしは矛を振り上げずに済む」 レオンガンドは、ハルベルクとの話した直後、ミオンに使者を出している

    あなたも好きかも:ufo パチンコ
    ハルベルクには、ミオンなど取るに足らないもののようにいったものの、この情勢下で戦争を起こすのは、ガンディアとしても得策ではなかった

    しかも、相手が長年ガンディアに助力を惜しまなかった同盟国となれば、周辺国への聞こえが悪い

     クルセルクとの一大決戦を控えている

     ガンディアは、反クルセルク連合軍の盟主なのだ

    その盟主が、同盟国を滅ぼすとなれば、連合軍に参加している国々にも、決していい影響を与えることはないだろう

    ミオンがガンディアを裏切ったという事実を知っていたとしても、だ

     できれば、ミオンとの間で戦争を起こしたくはない

     いや、どんな国とも、戦争などしたくはなかった