スロット カー コース

スロット カー コース

※メルシーネは守護魔竜

仕える者、仕え魔としても主を危険に曝すのは痛恨の極みらしい

「しかし……こっちに行くのか」「森から外れるような場所になってきたっすね……」「あの魔物って森に隠れているって話じゃないの?」「別にそんなことは一切言ってなかったと想うのです

あなたも好きかも:ファミコン パチスロ
森の近辺で出会う、森の中で出会う、どこで出会うかは別に明確ではなかったのです

あなたも好きかも:パチスロ 引退
そもそも相手の生態すらわかっていないじょうたいだったのです……ご主人様が見る限り怪しいところはあったようなのですけど?」「……普通の魔物ではない、作られた魔物の類である可能性……まあ生物を作るのは魔法の技術の中ではありえないことじゃない

ある意味ではアンデッドを作る魔法は魔物を作る魔法……生物じゃないがそういう作る魔法だ

前に悪霊の群体の騒動のときに見つけた組織も生物を作っていたしな

っていうか実例が城にいるだろ」「ウィタね」 アンデルク城にいるウィタ

あなたも好きかも:パチスロ メーター
彼女はとある組織に作られたホムンクルスである

まあホムンクルスと言うのはその存在を示す名称ではあるが本来の意味での錬金術で作り上げるホムンクルスとは少々別物だろう

そもそもその組織の情報を入手できなかったこともありどういった形で作っているかまでは厳密には不明である

一応公也はその組織に所属していたネクロマンシーの持っていた情報は持つが全てを把握しているわけではない

「……あんまりよくは知らないっすけど、何か問題があったりするっすか?」「基本的に魔法で生物を作るという事柄に対しては……まあ問題がないとは言わないが……一応大丈夫といえば大丈夫だな

ただその作り出した生物がどういう扱いになるかはわからないし、その生物の行動次第では責任問題も起きる

そもそも生物を作るってこと自体普通はあまりよくは見られないからな……アンデッドよりはまだマシな扱いだが生き物を作るか死体を利用するかの違いなだけで根本的には似たようなものだし」「ウィタの扱いとかはどうなってるっす?」「そもそもウィタはヴィラが拾ってきたわけだし、そもそも届け出たり調べたりしなければウィタの場合わからないだろうからな