ジェムズ・ゴーン・ワイルド・パワー・リールズ

ジェムズ・ゴーン・ワイルド・パワー・リールズ

あの明らかにこの場があの剣に作られたといわんばかりに突き刺されているのだからあれが本物ではないとは考えられぬ

ここまでの道をわざわざ用意していたのだぞ?」「確かにそうでしょう」「さて、それでは抜こうではないか

あなたも好きかも:リゼロ スロット 鬼天国 挙動
ああ、もちろんあれは我が抜く

あなたも好きかも:最新 スロット 情報
あれは我の手にあるべきもの、ニネフォス王家にあるべき代物である

他の者はあの場に上がるでないぞ

ああ、上がらせるなよ? 我に大人しく従っている者たちしかいないと我も思ってはおらぬ」「御意にございます」「……………………」 いくらカウルゼンツに傲慢なところがあろうと、自分に付き従う部下たちが本当に本気で自分のことを尊敬し付き従っているとは思っていない

一部の部下はまだ本気で忠誠を誓い共にしているのでまだ信頼はあるが、現在の部下の中には途中で部下になったもの、金で雇ったものもいる

信じられるはずもない

「ふふふ……歴代のニネフォスの王すら得られなかった剣を我は得るのだ

これで我を追いやった者たちを排除しニネフォスを取り戻せる……いや、それだけではない

あなたも好きかも:アプリイ パチンコ 菊川
テイスピース、キアラート、周辺各国への反撃も可能であろうな……く、くふ、くくははは!」 笑いながらカウルゼンツは剣の柄に手をやり、剣を引き抜いた

剣はそこまで深く刺さってははいないものの、しっかりと刺さっているように見えた

しかし、カウルゼンツが剣を抜く際にはあっさりと剣を抜くことができた

別にカウルゼンツの力が強いというわけではなく、単純に剣が誰が持っても抜きやすいように仕込まれていたから、である

「っ!?」「これは……」「雰囲気が変わった……!」 そして剣を抜いた瞬間、剣の雰囲気が変わる

見た目は変わらない

剣の雰囲気が変わると同時に、その剣を持つカウルゼンツの気配も変わった

強者にある独特の雰囲気、気配、威圧感、存在感、それを感じられるようになった