bomber powerful スロット

bomber powerful スロット

あなたも好きかも:大船 パチンコ 求人
 そしてさらに、アスラは考助に向かって意味深な表情を向けた

「考助が、彼女たちを抑えられるなら抑えてもいいけれど・・・・・・少なくとも私には無理ね」 アスラが無理なものを自分が抑えられるはずもない

 早々にそう結論付けた考助は、全てを諦めたような顔になった

「・・・・・・わかったよ

そのつもりで準備しておく」「そのほうがいいわね」 考助の決断に、アスラも真顔で頷いた

 一度決断してしまえば、あとは早い

あなたも好きかも:ブラック ジャック カード カウンティング
 すぐにでもエリスたちを呼んでもらおうと考えた考助だったが、それをアスラが止めた

「その前に、あなたが作った神域について話しておいた方がいいと思うけれど?」「そうなの?」 百合之神宮に比べれば大したことではないと考えていた考助は、意味が分からずに首を傾げた

「考助が考えていることはよくわかるわ

確かに、いまは大したことではないかもしれないけれど・・・・・・この先がどうなるかは分からないわよ?」「・・・・・・というと?」「だって、考助のことだから、間違いなくあの神域を広げていくことになると思うわよ?」「ぐっ・・・・・・!? そ、そんなことは・・・・・・?」 ない、と言おうとして目を泳がせた考助を見て、アスラがくすりと笑った

「そう? それならいいわね」「・・・・・・わけでもないので、何かあれば教えてください」 突き放されそうになって不安になった考助は、そう言いながら頭を下げた

あなたも好きかも:日本 カジノ イカサマ
 そんな考助に対して、アスラはもう一度クスリと笑う

「いまは本当に大したことではないのよ

でもこの先多くの眷属とかを入れることになれば、間違いなくあの神域はひとつの世界といっていい場所になるわ」「それは、まあ・・・・・・そうだね」「気付いていないみたいだけれど、それって考助があの神域の神になるのと同じ意味よ?」 アスラのそのセリフを聞いて、考助はウッという表情になった

 あの神域を見たシルヴィアからも同じようなことを言われたが、改めてまさしく神であるアスラからではその重みが全然違っている

「あの世界を広げれば広げるほど作った考助の存在の重みも増してくるし、ついでにここでいうところの天女たちみたいな存在も生まれてくるかもしれないわね」「そ、そこまでのこと?」「あら、だって世界を運営するにはどうしたって調整する存在は必要になるわよ? 広くなればなるほど」 最後に付け加えられたアスラのセリフに、考助は決意を新たにした