オタールxo バカラ

オタールxo バカラ

顔色が悪いけど……大丈夫?」「え……? う、うん

あなたも好きかも:パチンコ 2 月 新台
ちょっと変な夢を……ううん、なんでもない」 夢、という言葉を口にすると、僕の胸はギュウと締め付けられたように苦しくなった

あなたも好きかも:シーサー パチンコ イベント
夢か幻か

未だ原理も理屈も、理由や切っ掛けすらも分かっていないのだが、あの少女との生活をそんなものと呼ぶ事を僕の心が拒んでいるのだろうか

きっとこれは……依存なのだろう

「おはよう

お、アキ

今朝は随分早いな」「おはよう

兄さんだって」 それから確か、僕は母さんを手伝って

他愛も無い話をして、ご飯を食べて

あなたも好きかも:タイガーマスク パチンコ 曲
今朝の献立は……あれ? なんだっただろう……あれ? 僕はさっき兄さんと挨拶をして……? 二人は……? 母さんがそろそろ起きてくる時間で……? あれ…………? 何か……今日は何かあるんじゃなかったっけ……? スマートフォンがけたたましく鳴った

見慣れない、それでも見覚えはある電話番号からの着信

時刻は午前九時半

ボケすぎだ! 全く他のことばかり考えて、目の前で流れている時間に気が行ってなさ過ぎる! ああそうだった、なんかじゃ済まされない

今日は僕の……「すいません! すぐ行きます!」 板山ベーカリー

と、ちゃんと電話番号を登録しておこう