バンドルカード ギャンブル

バンドルカード ギャンブル

 四歳の誕生日に会わせるって言ったでしょ?」そうか、前の俺が修行していた時のように圧縮された時間の仮想空間だから、もうこの子はすでに……

俺は涙ぐんできてしまう

四年もここで父も母も知らずに……

あなたも好きかも:リラックマ スロット アプリ
「お父さんだよ

こっちにおいで」俺はナーニャを手招きして、彼女もオズオズとこちらへと近寄ってくる

手を伸ばすと握ってくれたので優しく引き寄せて抱き上げる

「本当にお父しゃんだ……私、分かる……本当だ」強く抱きついてくるナーニャを俺は止まらない涙をそのままに、抱き返した

美射は町の方を向いて「あの町には人も沢山いるわよ

私と二人じゃないわ

 意識の底から募った学生や、教育のために私がシミュレートした仮想生命たちも居るけど 殆どみんな、本当にこの超圧縮された時間の中で生活してるわ

 マガノやロ神も手伝ってくれてるわよ」「二人も居るのか……」同情と美射が暴走しないように監視も兼ねてだろうなと思う

「マガノおじちゃん大好き!!ロ爺ちゃんも!! お菓子くれたり、遊んでくれるんだー」「そっか……良かったな

二人にお父しゃんが ありがとうって言ってたって……」「伝えるよ!!お父しゃんもこれからここで暮らすんでしょ? あとで一緒に言いに行こうよ!!」ナーニャはニッコリ笑って、俺に尋ねてくる

「ナーニャちゃん

あなたのお父さんは、 沢山、世界のために戦って疲れてるから、休まないといけないの

 だから、次会うときは、ナーニャちゃんの十二歳の誕生日だね」「……えっ、お父しゃん、帰っちゃうの……」俺は迷って、美射の方を向くと、彼女は強く頷いた

一緒には居られないらしい

きっと何か、理由があるのだろう

「……ああ、お父しゃんは、行かないといけないんだ