スロット デッドオア

スロット デッドオア

まあその前に、サラサ自身の〝理解〟が追いつく可能性もあるが……ん、おいサラサ、アルは主と言っていたのか?」「そうだったよ

もう違うんだってべーさんが言ってたけど、アルさんはすげー丁寧だったし」「なに?」「金色の従属の主……? 雷龍が? 人柱の一種なのか……? だとしたら、ほかの龍に関しても似たような状況が考えられる

空想上の〝神話〟になぞらえた存在は、実在のものが改変された純然たる事実だったってことか――?」「……?」「うん、よくわかんないね、サラサ」「そだね

難しいことは父さんに任せる」「それでいい」「よくはねえだろ……」「ビィフォードは、どんなだった?」「楽しそうなひとだったよ

あなたも好きかも:コロナ 大阪 緊急事態宣言 パチンコ
っていうか、テンション高くって、楽しそうだった

私も楽しかった」「そう」「――サラサ、一つ確認だ

あなたも好きかも:パソコン スロット 無料
その空間、古城だったか?」「うん」「雷の気配はなかったのか?」「んー……うん、なかった

あなたも好きかも:カジノ 数学
どっちかっていうと、なんだろう、乾いた空気だったと思う」「乾く……渇く、か

んで、次はあるってか?」「断言はされなかったけど、次はべーさん呼んでくれって言ってた

べーさんもいろいろ、考えてて、心当たりがあるようなないような……?」「そうか

サラサ、お前自身も、考えることを止めるなよ」「はあい」 次があれば、そうしようと思う

だが、カイドウにせよシュリにせよ、次があることなど疑っていない

 間違いなく、サラサはまた、迷子になるのだ

ビィフ「そうか、私がそうであるように、在ったか」アルフ「はい

ただ……」ビィフ「ん? どうした、遠慮するな、言えば良い」アルフ「私以外は、もうおりません、ビィフォード様」ビィフ「そうか

親指も、中指も――どうなった」アルフ「長い刻に抗えず、中指は私に血を吸えと」ビィフ「ふうむ、時間への対抗手段は教えてもいなかったな」アルフ「親指は、人を侮ったゆえに、人の手で終わりました」ビィフ「ははは! だから私は侮るなと、忠告したのになあ」アルフ「まったくです」ビィフ「なあ薬指、アル、まだ時間はある

話をしよう」アルフ「はい、ビィフォード様

今までの時間を埋めるように」