万枚狙える台 2021

万枚狙える台 2021

「あー、うん

やっぱり気付いていない・・・・・・というか、自覚していなかったんだ」「なんじゃと? ということは、コウスケはもうなにか思いついているということかの?」「うん

まあ、なんとなくは」 これまでの里でのシュレインの言動を見ていれば、錫杖がなにを見せたかったのかは推測できる

 問題なのは、いまのシュレインの態度を見てもわかる通り、彼女自身がそれに気づいていないことだ

 考助の返答に、シュレインは驚きと悔しさが混ざったような顔になった

あなたも好きかも:北斗の拳 スロット amazon
 話の流れと考助の言葉から、それがなんであるかは自分で思いつかないと駄目だということがわかったのだ

「といわれてもの

あなたも好きかも:惨之遊 バカラ
本当に、なにも思い浮かばないのじゃが・・・・・・」 しばらく考えた漏らしたその言葉は、シュレインの完全な本音だった

 いままでもさんざん色々と考えて来たのだから、改めて今更自分のためになることと言われても思いつくはずがない

 どうして考助が思い付けたのか、逆に不思議だった

あなたも好きかも:カジノシークレット スロット
「うん、まあ

シュレインにとってはそれ(・・)が当たり前すぎて、気付きにくいのかもね」 自分が手助けをして直接言っていいのかわからずに、考助はあえて言葉を濁してそう答えた

 その顔には、答えを言えないもどかしさのようなものが浮かんでいた

 その考助の顔を見たシュレインは、再び真剣な表情で悩み始めた

 考助がそう言っている以上、自分の中になにか答えがあるのは間違いないのだ