北斗無双 スロット ケンシロウ

北斗無双 スロット ケンシロウ

Bloggerの推奨事項:

  • グラブル jp 余る
  • ペアアイコン
  • ワンパンマン amazon
  • 龍が如く3
  • v プリカ 加算
  •  この時、ノンパトリーズ北高地の砲兵2個中隊に、それまでラ・ヴォワヴルに残っていた軽砲1個小隊2門が前進して加わり、仏砲兵に対する対抗射撃を開始しました

     フォン・ゲンミンゲン少佐は部下を率いるとラ・ブルゴンス方面の敵に向かって攻撃前進を始めます

    少佐たちはル・アンを取り返した仏軍とジュメルの森高地上の仏軍から猛烈な銃撃を浴びますが、高地斜面に貼り付いて持久銃撃戦に持ち込み、午後3時まで粘ると銃撃に衰えが見えた仏軍の隙を突き、一気に攻勢へと転じるのでした

    この間の激しい銃撃戦で仏軍のマルシェ第32連隊長オセデ中佐と大隊長ヴィッテ少佐が戦死しています

     午後3時の攻勢でBa擲弾兵第1連隊の第1中隊は、ムルト支流の小河川でラ・ブルゴンスからサン=レミ~エティヴァレへと流れるヴァルダンジュ川沿いの一軒農家(ラ・サル東郊外の農家と思われます)を奪取すると、翼側を進んだ第3中隊と共同してラ・サル部落に東側から迫ります

     同時に、一旦はル・アン高地とサン=ブノワ森縁から撤退した同連隊のF大隊(第9中隊欠)も、ゲンミンゲン隊と同時に戦った2時間に渡る銃撃によりラ・サル方面へじわじわと後退した仏軍の後を追い、ル・アンとサン=ブノワ森の間を抜けるとラ・サル西郊外へ前進し、ラ・サルの仏軍は東西から包囲される形勢に陥りました

     仏軍は必死に突撃を繰り返してBa軍の圧力を減じようとしますが、Ba軍F大隊の攻撃により部落西側の防御が崩され、Ba軍兵士が西側から部落内へなだれ込んだため、遂に午後4時、仏軍は一斉に南側のラ・ブルゴンスへ退却するのでした

     これはたちまち仏軍左翼前線の崩壊につながり、ラ・サルの北側でサン=ブノワ森の縁に点在した家屋群からも仏軍は撤退し、この辺りを良く知る国民衛兵や義勇兵たちは深く暗い森の中へ消えてしまったのです

     このラ・サルの戦闘中、フォン・ゲンミンゲン少佐の第4中隊(Ba第1連隊第1大隊)はひとり少佐とは反対方向の南東へ向かい、ジュメルの森から再び前進しノンパトリーズ南のレ・フェーニュを奪還していた仏護国軍部隊に対して反撃を行い、これにノンパトリーズで戦うBa第3や第6連隊の諸中隊が加わって、レ・フェーニュは再びBa軍の手に落ちます

     この機会を捉えたBa第3連隊第2大隊長のシュタインヴァックス少佐は、Ba軍左翼側となる諸隊(Ba第3連隊第1、2と第6連隊F大隊)を率いて一気にジュメル森の「双子山」へ向かって斜面を登り始め、押された仏軍も一歩一歩後退しつつ粘り強い後衛戦闘を行ったため、森林内では壮絶な撃ち合いと白兵戦となりました

    あなたも好きかも:オンライン カジノ ルーレット
     しかし仏軍は山を南西側に越えた途端、緊張の糸が切れたのか恐慌が発生し、隊列では混乱が生じ、士官たちが止める間もなく急坂を転がり滑り落ちるように走る仏兵は、もうBa軍を省みることもなくラ・ブルゴンスの市街地へ敗走して行きました

     Ba軍将兵も射撃を行いつつ急追し、午後4時過ぎにラ・ブルゴンスはBa軍によって占領されたのです

     ラ・ブルゴンスの戦い こうして7時間に及ぶ激しい戦いとなった「ラ・ブルゴンスの戦い」(独軍名称

    仏軍名称は「ノンパトリーズの戦い」)は午後4時過ぎに集結します