pso2 スロット 拡張

pso2 スロット 拡張

Bloggerの推奨事項:

  • 三世 英語
  • ラッピー スロット 当たり 台
  • レジャック 小牧
  • シリアンルーレット
  • アメリカンルーレット
  •  行軍縦列がラ・ブサスに到着した頃、ボーモン方向から連続した砲声が轟き、会戦が始まったことを告げます

    しかも、ほぼ同時に南から敵砲兵による砲撃も始まりました

    ところが、ドゥエー将軍は「ムーズ川を渡河するとの命令は正しく絶対である」として戦場には向かわない決定をし、且つ軍団が戦闘に巻き込まれないため、行軍方向を真北にして、ロクールからルミニーへ向かうことに決定して軍団を進めようとしました

     しかし、この命令は前衛として先頭を進み、既にラ・ブサスの東側に出ていたコンセーユ=デュームニル少将率いる軍団第1師団には届かず、ボーモン西街道の南側森林を進んだ師団は、間もなく南方から進んで来たB軍と衝突するのです

     前日の29日に思わぬ形からS軍団と戦闘をする羽目となった仏第5軍団は、30日の早朝(午前0時頃から5時頃に掛けて)にボーモンへ達し、連日連夜に渡る迷走気味の行軍と「ヌアールの戦い」によって疲労困憊となった将兵は、既に「梃子でも動かない」状態となっていました

     仏軍将官の誰よりも独の大軍が直ぐそこにまで迫っていることを知っているはずで、また自身の「首」も危ういドゥ・ファイー軍団長(既にシャロン軍がルテルにいる頃、第5軍団の指揮官解任・交代が陰で決定されており、その理由はファイー将軍の「ヴルトの会戦」における「優柔不断(=敗戦責任)」にあったとされています

    あなたも好きかも:オンラインゲーム サービス終了 最短
    将軍自身もこの頃には自身の解任を知っていたのではないかと想像します)は、内心焦ったことと思いますが、軍団を休ませるしか手が無くなりました

     ここまではどんな名将が率いていたとしても、この「士気最低」の軍団では手の打ち様がない事なのですが、ここからがファイー将軍の「頂けない」ところです

     将軍は昨日S軍団と戦ったにも関わらず、「敵はストゥネの方向に向かった」との楽観的な推察に頼ってしまいます

     確かに昨晩S軍団は「東へ」進みましたが、これは当のファイー軍団が「ストゥネ方面に進んだ」との「幻の報告」によるもので、その後この任に就いたモンベ少将の支隊はヌアールの野営地に帰っていました

     しかも、ファイー軍団がボーモンに到着した直後から警戒のために派出した騎兵斥候は、僅かに野営地周辺を一巡りしただけで満足してしまい、「敵影見ず」と簡単に報告して終わりにしてしまい、軍団本営もそれ以上斥候を出したり警戒を厳重にしたりすることはありませんでした

    あなたも好きかも:パチンコ 何も残らない
     独仏軍共に偵察の不徹底は今に始まった事ではありませんが、それにしてもこの時、仏第5軍団とS軍団との距離はわずかに4キロ程度しか離れていない訳で、その事実を知らなかったとは言え、ファイー将軍はなぜ「楽観論」に偏ったまま念入りに偵察することもなく安心し切って「休もう」としてしまったのか、全く理解に苦しむところです